まず最初にろうきんの融資をご紹介すると労金の融資に伴う審査は厳しいです。

しかも時間もかかりますし、融資が実現しない場合も多々あります。

しかし、労金の融資は確かに低金利で魅力的なので、利用したいと考える方も多いのですが、散々審査を待たされたあげく審査が否決という方も非常に多いので、その辺をよく認識しろうきんの融資は利用しなくてはいけません。
労金の融資にはおまとめ融資というものがありません。

そのため実際に労金のローンでおまとめをされた方は、ろうきんの「カードローン」を利用し、おまとめをしたと言いますので、労金の融資で複数の借金をなくしたいという場合は、おまとめローンではなく「カードローン」を利用し上手に借金をなくすように計画してください。

ただし何度もいうように労金にはおまとめ融資が無く、その場合はカードローンの利用となりますので、おまとめでカードローンを利用する場合の審査は非常に慎重に行われるという事をよく認識し利用は検討してください。
労金のカードローンは、団体会員の金利と生協会員、組合員、それ以外の方と利用に伴う金利が異なりますので、会員で無い方はこうした労金の金利についても確認しよく検討される事がお勧めです。

ろうきんのこのカードローンは利用に際し労金独自の条件があるので融資を利用したい場合は事前にしっかりと確認をする事必要ですが、年収条件や勤続年数等の条件も設けられています。
いずれにしてもろうきんのカードローンは、使い道自由な融資商品となり、ろうきん会員でなくても利用出来る融資商品ではありますが、おまとめ目的に利用する場合は、労金組合員、会員がやはり有利な融資が実現すると思われますし、非会員の場合は融資も難しく審査も厳しいと考えられます。
最高限度額300万円のろうきんのカードローンは、以上のようにおまとめ目的でも利用は可能ですが、会員の場合とそうでない場合の融資条件は若干異なるので、負担の無いように労金で借りたいという場合はその辺もよく認識し検討してください。

最後に労金融資は、いずれのローン商品も組合員、会員、非会員により借入に伴う金利は違います。