専業主婦のキャッシング

小さなお子さんの世話などをしなければならず、パートやアルバイトなどもできないような専業主婦の方は、ご自身の収入は全くありません。

従って、申込みをしましても、審査に通らないのが実状です。専業主婦の方でも子供の養育費や、急なお金が必要になった際にはお金を借りなければならない時もあると思います。そんな際には、配偶者の承諾を得ることと、配偶者の収入証明書などを提出することで、キャッシングを利用することは可能です。ただし、気をつけなくてはならないのは、総量規制という規制があるということです。

ご主人もカードローンやキャッシングなどを利用している場合には、夫婦合算での借入れとなりますので、年収の3分の1以上の利用限度額がある場合には、キャッシングを利用することはできないのです。

銀行の場合は総量規制の対象外となっていますので、申込みをすること自体は可能なのですが、配偶者の借金も含めて年収の3分の1もの借金があるような際には、返済ができない可能性が強いと判断されて、審査に通ることは難しいと思います。では、どのようにしたらよいのでしょうか?

やはり、お金を借りるのではなく、ご自身で少なくても良いので、お金を稼ぐようにすることです。お子さんの世話など忙しいですが、空いた時間などに内職でもすれば、一日に数百円の儲けしかなくとも、月間にすれば数万円稼ぐこともできるのです。とても大変な生活になってしまいますが、お金を稼がなければ生活が成り立ちませんので、内職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

レディースローンについて

主婦の方は、キャッシングに申し込むことを嫌う傾向にあります。サラ金というイメージがまだ強く、法外な金利を課せられるのではないか?強引な取り立てにあうのではないか?と思ってしまうのです。

また、借金をすれば当然、毎月の返済をしなければなりませんので、借金地獄に陥る可能性が高いと慎重になってしまうのです。また、キャッシング会社のスタッフは男性である場合が多く、もし、男性とのやり取りが必要になるような場合には、それだけで、利用を躊躇ってしまうのです。今では、窓口業務などをすべて女性が対応してくれるレディースローンがあります。

少なくとも電話口に出る人は女性ですので、安心して申込みができるのではないでしょうか?レディースローンといいますと、イメージとして、女性専用なので、何らかの特典があるのではないかと期待してしまいますが、適用金利や返済方法などで特別な配慮がなされているわけではありません。利用限度額なども、一般のキャッシング会社と同条件なのです。

大抵の場合は、適用金利は利息制限法の上限金利である18%を適用されることが多いのが実状です。返済もリボルビング払いという分割払いで、毎月一定期日には、金利と借入れ元本を合わせて返済することになります。ですから、レディースローンのメリットは、すべての対応を女性がしてくれるだけで、他のメリットは何らかのキャンペーンがない限りは、通常のキャッシング会社と同様です。