主婦キャッシングの金利について

主婦の方がキャッシングを利用する際に、もっとも重要視すべきなのは金利です。
過去のサラ金のように、異常なまでの高金利を課せられることはありませんが、利息制限法の18%(少額ならば20%)までの金利負担をしなければならず、決して安い金利ではありません。
キャッシングの金利は年率で提示されますが、実態は日割り計算で金利を課されますので、早く返済をしなければ、金利の負担分はどんどん大きくなります。また当たり前ですが、利用限度額まで借入れてしまいますと、毎月の返済額は大きくなってしまいますので、とにかく、キャッシングを利用しましたら、少しでもお金に余裕のある時には、返済に充てるようにすべきです。金利を安くするためには、あらゆるキャッシング会社の中でも、銀行のカードローンに申込みをすることがよろしいと思います。

以前は銀行の審査は時間がかかり、必要な書類を揃えることも面倒だったのですが、今ではインターネットで午前中に申込みをすれば、安い金利で融資を受けることが可能なのです。銀行のカードローン金利は上限金利が14.6%と低くなっていますし、銀行ゆえ、安心して利用することができます。

また、銀行系や消費者金融系のキャッシング会社では、初回の利用に関しては、一定期間無利息でお金を借りられるサービスもありますので、まずは、消費者金融会社の無利息ローンを利用して、その後は銀行のカードローンを利用されるとよろしいと思います。

いくらまで借入出来るのか?

主婦の方がキャッシングに申込みをしますと、パート収入やご主人の収入を確認される場合があります。

基本的にはご自身のパート収入が審査の条件になるのですが、収入が少ないので、利用限度額はそれほど高くないです。業者により異なると思いますが、少ない場合には10万円程度で、高くても30万円程度だと思えばよろしいです。

しかし、そもそも、常にキャッシングで借入れをするわけではないので、利用限度額は少なくても良いと思います。仮に利用限度額が高く設定されてしまいますと、金利負担分のことを忘れて、ついついお金を借りすぎてしまうこともあるのです。

ですから、申込みの際に利用限度額を提示されましても、高いと思った場合には、あえて少額にしてもらうことも大切なことです。潜在的にお金を借りてしまうような状況を作らないことが大切なのです。キャッシングを利用して借金をしましたら、基本的にはすぐに返済するべきなのです。金利負担をすることは、最もよろしくないといいますか、損をするばかりです。

キャッシングは、利用限度額までは、いつでも何度でも利用することができますので、ズルズルと借入れてしまう可能性が高いのです。いくら、最初はすぐに返済すると誓って、確かにすぐに返済したとしても、カードを保有してしまいますと、困った時にはいつでも借金ができると思ってしまいますので、大切なお金の感覚がマヒしてしまうこともあるのです。